千葉市中央区の【さの整骨院

さの整骨院の院長の佐野由佳とスタッフ全員が女性で女性の方も安心です!
捻挫、肉離れなどスポーツ障害も
今すぐ無料の電話相談かお問い合わせフォームで! 

 
 
 
 むち打ちなど交通事故の痛み
腰痛肩凝りなどの痛みの解決は
【さの整骨院】で!
すべては痛みとたたかう方のために
迷わずこちらをクリック 
  
  むち打ちなどの交通事故に強い【さの整骨院】
交通事故治療に限らず腰痛肩こり
捻挫,肉離れ等スポーツ障害などの
お問い合わせの通話料は無料!
お問い合わせフォームは24時間受付
 
お問い合わせフォームは24時間受付
 
 

スポーツ障害や外傷も【さの整骨院】で症状改善!
 

 

スポーツ障害とスポーツ外傷は非観血的治療が有効
 
スポーツ障害とスポーツ外傷についても整骨院での手技による非観血的治療はかなり有効です。
 
普段、日常生活をしている時や、ジョギングやマラソン、また球技などで起きる怪我には急性のものと慢性のとがものがあります。慢性的なものは外傷ではなく障害ということになります。
 
おもな原因としては、スポーツをすることや日常生活のなかで身体の特定の部分だけを使しすぎることによるオーバーユースが原因です。
 
そのオーバーユースによって炎症や組織の変性や破綻がおきることで、これは腱や靭帯とその周辺部である関節軟骨組織、関節、さらに骨の組織への過度なしかも反復したストレスによるものです。
 
接骨院や整骨院ではスポーツ障害に関しては手術や薬物などは使わず、手技や電気治療などの非観血的治療でアスリートの早期復帰のお手伝いをします。
 
スポーツ外傷はスポーツにおける急性の怪我であり骨折はもちろんのこと、足をひねったときにおきやすい捻挫などの症状が主なものです。
 
また球技におけるボールなどが身体にぶつかったりころんだした際の打撲など、さらに肉離れやアキレス腱などの腱の断裂や靭帯の損傷などもあげられます。
 
スポーツ外傷がおこりやすいスポーツとしてまず頸椎損傷や頚部捻挫は球技であるアメリカンフットボールやラグビー、鎖骨骨折や肩関節脱臼はアメリカンフットボールでおきます。
 
膝関節靭帯損傷はバレーボールやバスケットボール、ラグビーにおいて、そして足関節捻挫はサッカーで、肉離れは陸上競技や野球で、突き指はバレーボール、バスケットボールなどでおきやすい外傷です。
 
これらの症状は日頃、スポーツに親しんでいない人が草野球や運動会などでがんばりすぎた結果に発症するケースでもあります。
 
スポーツ障害ですがこれは使いすぎることがおもな原因です。これはすでに成長した人やスポーツ選手や熟練したアスリートのみならず成長途中の若年層である少年少女にもおきます。
 
このスポーツ障害は障害であるのもかかわらずスポーツ外傷とされてしまいがちである疲労骨折があります。この疲労骨折は急性の骨折とは違い身体の特定の部分に反復した負荷がかかることで発症します。
 
つまり骨組織の結合している部分の中断から骨折にいたるというものです。発生部分としてはジャンプをくり返すバレーボールやバスケットボールにおきます。
 
また短距離走やサッカーなど、競技中に疾走をくりかえすスポーツアスリートの下肢の荷重骨や腓骨、大腿骨や骨盤などですがとくに頸骨にその発生が多いようです。
 
この症状は主に疼痛ですが診断が難しいケースもあります。疲労骨折の初期段階ではエックス線による視認では特筆した骨の異常がみられない事が多いので定期的なエックス線による検査が必要です。
 
この疲労骨折の治療の方法としては、保存療法である程度の休養で回復することもあります。そして骨の骨折線が視認できるときはギプスなどによる固定をします。しかしながら難治性の場合は外科的な手術が必要な場合もあります。
 
いずれにしてもこれらスポーツ障害やスポーツ障害の治療に関しては千葉市中央区神明町で信頼と実績の【さの整骨院での治療をおすすめします。